文系大学生が苦手なIT系の内容について勉強していく記録ブログです!セキュリティやクラウドを軸にした内容を書いていきます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

最近の若者、SNS依存激しくね??笑


6d911515515e905a7c8bfa5275ba2969_s.jpg



どーも!おりばー。です!

この頃寒波で超寒いですね笑
皆様暖かくしてらっしゃいますか??


さて本日の思考ですが、「若者のSNS依存の原因は何か」です。


この頃の若者は「打たれ弱くなった」「何も考えてない」等と言われていますが、
同じ若者ながら、本当にその通りだなと思います。
自分の世代について批判をするのは心苦しいですが。


無論、自分にも打たれ弱い部分がありますし、考えが浅い部分も多々あります。
ただ、そんな自分ですら若者に対して上述したような感想を抱きます。
その理由は「SNSへの依存」です。


昨今はTwitterやInstagram、それにLINE等のSNSにハマっている若者が多いと思います。
それは周囲の大学生を見ていたら、容易に分かります。
ハマっていること自体には特に問題はありませんが、
それが依存となると話は別です。


例えば、

①食事の際にInstagramに写真を載せたら、

 その食事をそのまま捨てる。

 または捨てずとも、写真を載せる為に食べに行く。


②友達や交際相手といるのに、スマホをいじっていて

 会話をしない。

 また直接の会話よりもSNS上での会話に重点をおく。




これは私見ですが、以上のような例がSNS依存に当たると考えています。
彼らはそうしたSNSを通していわゆる「いいね」を貰います。


そしてその「いいね」は、貰えば貰うほど一般的に「スゴい」のです。
これはすなわち、彼らの承認欲求を満たすことに繋がります。


では、2つ目の例は直接の会話よりもSNS上の会話に重点をおく
というのは何故なのでしょうか。

一般的かつ合理的に考えれば、直接話した方が相手の表情も分かり、
微細なニュアンスや雰囲気を感じることも出来るメリットが大きい

と考えられます。


しかし、彼らはそれでもなおSNS上の会話に軸を置くのです。
この理由は単純に「その方が楽だから」だと、僕は考えています。

実際に会うことなく会話をしていて例え喧嘩のようになってしまっても、
正直無視すれば済みますよね?
これだけでも人間関係に悩む確率は減らせると考えられます。

また、自分が都合のいい時に"のみ"返信をすればいいのです。
これも結局は自分の気が楽になるからだと考えます。


以上のように、自分の承認欲求を満たしてくれて、都合のいい
SNSに若者が依存しやすいのではないかと思います。

…何か色々言いました笑
書いてたら止まらなくなっちゃって笑笑

今日はこの辺にしときますねっ!
ではまた!!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 自己啓発
ジャンル : ビジネス

2018-01-13 : 本日の思考。 : コメント : 0 :
Pagetop

セキュリティの3要素

723ed567886c2331c63a6f76aafe80e6_s.jpg



どーも!おりばー。です!
昨日は西日本では極寒、関東では春並みの陽気だったそうですね!
皆さんは各地でいかがお過ごしでしょうか?


今回はセキュリティを考える時に欠かせないと言われている、

「機密性(Confidentiality)」

「完全性(Integrity)」

「可用性(Availability)」


の3要素について考えていきたいと思います!


これはCIAとも略されているそうですね笑
海外ドラマに出てきそうですね笑


この3要素について知っておくことで、企業が情報的事故を起こした際に
その状況や原因をより正確に理解出来そうです。

なお、自分がセキュリティ対策を考える際にもこれらの観点から考えることで
よりクオリティの高いセキュリティを構築することが出来るのではないでしょうか。


ではそれぞれ見ていきましょう!


①「機密性(Confidentiality)」



これは許可した人のみが情報に触れることが可能ということです。
すなわち、機密性が侵されるということは情報漏洩が起こるということになります。


機密性が侵害されているということは、アクセスを許可されていない人が
情報にアクセスして閲覧や持ち出しを行っているという状況です。

最近の個人情報流出等の原因はこの機密性に原因があると言えます。


②「完全性(Integrity)」



これは情報が本来の状態から改ざんされておらず、信頼が出来るということです。
完全性が保たれていないということは、情報が改ざんされてしまう状況にあると言えます。


例えば、我々が友人等からのメール内容を信頼して受け取ることが出来るのは、
この完全性が保たれているからです。


③「可用性(Availability)」



これは情報へのアクセス権限を持つ者は、
いつでもその情報にアクセス可能である
ということです。


集中アクセス等によってWebサーバーがダウンしてしまうと、そのWebサイトの
利用者が利用できなくなってしまいます。


この状況は権限を持つ者がアクセス不能となってしまっている、
すなわち可用性が侵害されていると言えます。



なるほど。
改めて考えてみてみれば、社会で問題になっている情報事故は大半がこのケース
になっているように感じます。

特に機密性・完全性に関しては私達が常日頃利用しているパソコンやスマホに対しても
言える事だと思うので、情報技術についての勉強をしているか否かに関わらず、
情報社会に生きる者のマナーとして考えておく必要がありそう
ですね!

それでは今日はこの辺で!
おりばー。でしたっ!!
関連記事

テーマ : セキュリティ
ジャンル : コンピュータ

2018-01-10 : セキュリティ : コメント : 2 :
Pagetop

今の自分に出来ること。

lgf01a201412011700.jpg



どうも!おりばー。です!!
明けましておめでとうございます!
今年もよろしくお願い致します!



年末のゴタゴタで更新が滞ってしまいました笑
今年は毎日少しでも投稿することを心掛けてやっていきたいと思います!


さて、そんな新年一発目の内容は「自分に出来ること」についてです!


今年の春から新卒社会人として世に出るわけですが、
そんなことを考えていたらある疑問が浮かびました。


「自分って今何が出来るんだろう?」


これのせいでここ最近はあんまり寝れなくなるほどでした笑


結論から先に言うと「多分何も出来ない」です。
「いやいやそうは言っても何かしらあるやろ」ってツッコミがきそうです笑


でもこれって、自分を卑下しているわけでも超謙虚なわけでもないんです。
リアルに「何も出来ないな」って感じました。


確かに学生時代はサークルの代表やったり、
クソしんどい会席料理店で4年間勤め切ったり、
世界ランクトップ5位に入るような大学に少し留学したり…色々な経験をしてきました。


そこで身に付いたリーダーシップや継続力、忍耐力といったものって、
本当に社会で通じるほど「出来る」ことなのか?


いやそれは違うやろってのが僕の見解です。


サークルの代表やったと言っても、それは同じ立場である学生をまとめる力に長けているということであって、
決して何歳も年の差があって立場も大きくことなる社会人をまとめることが出来るとは言えない。


クソしんどいバイトを4年間生き抜いたから継続力ありますってのも違う。
あくまで「バイト」の立場でしかないし、実際に自分の生活を賭けて戦っている社会人の言う
継続力とは天地の差がある。


海外の有名大学に留学して挫折に耐えたから忍耐力ありますも違う。
社会で挫折したら、ほんまに自分の給料上がらなかったり、仕事を貰えなくなったりするだろう。
その時に試される「忍耐力」と学生時代の「ベースが整った上の忍耐力」では全く異なると思える。


と、まぁ散々自分の学生時代の経験をこき下したわけですが笑
一方で、その経験に意味がないわけではないとも思うのです。


社会で通じるレベルに仕上がっていなくても、実際にそれを体験してみることで
自分の得意・不得意なことが分かってくる。

自分の現在地を実感することが出来る。

更にそこから、自分が生きやすい生き方を見つける糧となる。

そうしたことに対しては大きな意味があると思います。


もちろん僕もまた、自分の得意・不得意に気付くことが出来ました。


これから会社に入社する時には、


「自分は何も出来ないひよっこだ。」

「ここで得られる全てを吸収してやるんだ。」



そんな思いで謙虚に自己研鑽をしていきたいと思います。


それでは今日はこの辺で!
おりばー。でしたっ!!
関連記事

テーマ : 自己啓発
ジャンル : ビジネス

2018-01-04 : 本日の思考。 : コメント : 0 :
Pagetop

【初投稿】セキュリティは何故必要なのか?

1766614445597a065f28100cf7cc571f_s.jpg

初めまして!おりばー。です!



今回の記事が初投稿です!
文系の大学生でIT系の会社に就職が決定しているので、
少しでも技術のことを学んでおきたく、このようなブログを始めました。
自分が本や人の話から学んだこと、考えたこと等をまとめていきたいと思います!


さて第1回の内容ですが、
今回は
「セキュリティは何故必要なのか」
を考えていきたいと思います!


…当たり前のようですけどね笑
でもそれが分かっていないことには、勉強する際にも何を念頭に置いて勉強していいかわからないですよね?笑
僕は本当に右も左も分からないので、しっかりと基礎を固めていきます!


最近は「ランサムウェア」等によるサイバー攻撃や企業の情報漏洩等
ニュースのトップを飾ることが多く、常にセキュリティの必要性が叫ばれているように感じます。


しかしこの時、単に「セキュリティが重要だ、必要だ」とは言っても、
どんなセキュリティを準備する必要があるのかはその課題によって違う
と考えられます。


本の中にあったことですが、「自分の組織や業務内で最も大切なものは何か」を考えることが重要らしいです。
なるほど。納得ですね笑


では、具体例を使いながら考えてみたいと思います。
先程も出てきました「『ランサムウェア』等によるサイバー攻撃」と「企業の情報漏洩」を考えてみましょう。


①「『ランサムウェア』等によるサイバー攻撃」

調べてみると、サイバー攻撃とはネットワークを通じて、サーバやパソコン等のコンピュータシステムに対して
破壊活動やデータの窃取・改ざんといったことを行うものということでした。


ふむ。どうやらサイバー攻撃の目的にも様々な目的がありそうですね。
そう考えると、サイバー攻撃の中でも「どの脆弱性を狙うのか」が違いそうです。
ということは、そうした脆弱性を1つ1つ、またはまとめて守る必要性があると考えられます。


結果、「自分の組織や業務内で最も大切なものは何か」を考えることはこの場合、
「自分の組織や業務内で最も守らなければならないものは何か、
最も脆弱性の高い部分はどこか」
ということに置き換えられるでしょう。


なるほど、これはもう大納得です。笑
今後のセキュリティの勉強をする時にはまず考えないとダメですね笑


②「企業の情報漏洩」

この場合、「自分の組織や業務内で最も大切なものは何か」は、
「自分の組織や業務内で最も大切な情報は何か」に変わりそうです。


それが顧客情報なのか、あるいは虎視眈々と研究を進めている新技術や準備中の新サービスなのか。
更にそれらが会社のシステム内のどこにどのような形で保存されているのかを考えることで、
より一層有効なセキュリティを敷くことが出来そうですね!


ふむふむ。このように考えていくと、やはり「自分の組織や業務内で最も大切なものは何か」を考えること
は重要だと言えそうです。


そして、今回のテーマ「セキュリティは何故必要なのか」です。
「自分の組織や業務内で最も大切なものは何か」ということがセキュリティを考える際に重要なのが自明ならば、
「最も守らなければならないもの、攻撃されると最も困る
場所」を守る為にセキュリティは必要である
と言えます。


本当に当たり前のことではありますが、これがセキュリティを敷く際に最も重要な事だと考えられます。
今後、自分が何かそういった仕事に関連する際は、この事を常に頭の隅において仕事に臨みたいと思います。

以上、おりばー。の初投稿でしたっ!
関連記事
2017-11-30 : セキュリティ : コメント : 0 :
Pagetop
ホーム

検索フォーム

プロフィール

おりばー。<Oliver>

Author:おりばー。<Oliver>
これからIT系の会社に就職し、IT系営業のエキスパートを目指す文系大学生です!
ITに関して右も左も分からない僕ですが、学んだことをしっかりと残していきたいと思います!

カウンター

最新記事

最近の若者、SNS依存激しくね??笑 2018/01/13
セキュリティの3要素 2018/01/10
今の自分に出来ること。 2018/01/04
【初投稿】セキュリティは何故必要なのか? 2017/11/30

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。